古典和歌stream

おきのゐて身をやくよりもかなしきは
みやこしまべの別れなりけり

歌の意味
赤く焼けた炭が身について体をやくのは辛いけれど、それよりも悲しいのは都島のあたりで帰って行くあなたと別れることだ。
鑑賞
百十五 おきのゐて

 奥羽地方が男女が暮らしていた。男が「都へ帰りたい」と言うので女はたいそう悲しくなった。せめて別れの宴だけでもしようと、遠く海岸の土手の辺りで都島という所で宴を開いた。
 歌は女が男に酒を飲ませながら詠んだ。

 昔は都から来た人が土地の女の人と結婚しても、女は都へ一緒に上京することがかなわなくて別れて残されて行った。女の別れを悲しむ歌である。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌