古典和歌stream

出でていなば誰か別れの難からむ
ありしにまさる今日はかなしも

歌の意味
女が自分から出ていったなら誰が別れ難く思うだろうか。無理に連れ去られてしまって、思うように逢えなかった今まで以上に今日は悲しい。
鑑賞
四十 出でていなば

ある若い男が召使の女をいとしいと思った。男の親はうるさくお節介をやいて、息子が女を惚れ抜いてしまっては困ると女を外へ追い出そうとした。
しかし、男の親は女の雇い主でもあるので、すぐには追い出せないでいた。
男は親に養ってもらい自立していないので女を思い通りにする権力はなく、女も身分が下賎なので抵抗する力はなかった。けれどもお互いの想いは日増しに強くなる。親もこれ以上見ていられないと思ったのか、ついに女を追い出した。
男には人が女を連れて出て行くことを止める手立てはなく、血の涙を流して泣いた。
歌は男が泣きながら詠んだ。

男はその後、気絶して親をたいそう心配させた。親もまさか女との別れで息子が気を失うとは思ってもみなかったので取り乱した。

結びには昔の若い人は命をかけるような一途な恋に悩んだが、今の老人はどうだろうか、そのようなことはないだろうとある。
その若い人がとりもなおさず今の老人なのだろう。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌