古典和歌stream

竹取物語

海山の道を遠く、精一杯探して鳴いても石の鉢がないので、血の涙がながれました。

詳細を見る

竹取物語

仏の石の鉢ならば露ほどの光だけでもあるでしょうに、黒いばかりのこの石、小倉山で何を探したのでしょう。

詳細を見る

竹取物語

白山のような真っ白いあなたの前では光も消え失せるのかと、鉢を捨て恥を忘れてなおも、期待が寄せられることです。

詳細を見る

竹取物語

命を捨てても、蓬莱の玉の枝を手折らなければ、帰って来なかったでしょう。 (蓬莱の玉の枝を持参したからには、私の求婚に答えてもらうまでは帰りません。)

詳細を見る

竹取物語

果てしなく強い恋の思いにも皮衣を手に入れた喜びに、涙に濡れた袂も乾いた。今日こそこの着物を着よう

詳細を見る

竹取物語

跡かたもなく燃えると知っていたなら、火にくべたりしないで見ていたものを(にせものとは知りもしないので、心配し火にくべてみたのです。)

詳細を見る

竹取物語

代々竹を取って生業として来た私たちも、野山にこもっても、それほどまでの辛い思いばかりではありませんでした。

詳細を見る

竹取物語

潮と涙に濡れた私の袂が、今日(うれしさに)乾いたので、つらかった多くのことも忘れてしまうでしょう。

詳細を見る

竹取物語

話を聞き、本物かと思ってみていたら、言の葉でごまかした玉の枝であった

詳細を見る

竹取物語

何年経っても子安貝をお持ちいただくのをお待ちしておりますが、子安貝が取れなかったので待つ効(かい)がないと聞いたが、それは本当でしょうか。

詳細を見る

竹取物語

子安貝はこのとおりなかったのが、つらさを極めて死んでいく私の命を救ってはくれぬだろうか。

詳細を見る

竹取物語

私の願いに背いて竹取の家にとどまるかぐや姫のために、還幸が何がなくつらく思われる。

詳細を見る

竹取物語

葎が生い茂るこの竹取の家で、永年すごして来た私のようなものが、どうしてりっぱな御殿を見ましょうか。帝のもとでの宮仕えなどかんがえてもおりません。

詳細を見る

竹取物語

今は、これまでと思って天の羽衣を着るにあたり、君(帝)のありがたさを改めて思い知った。

詳細を見る

竹取物語

かぐや姫に逢うこともできず、わが身が浮かぶほど悲しみの涙を流しているのに、不死になることに何の意味があるというのか

詳細を見る

sponsored