古典和歌stream

伊勢物語

春日野の若い紫草のように若く美しいあなた方を恋いしのび、わたしの心は、このしのぶ摺りの模様のように限りなく思い乱れている。

詳細を見る

伊勢物語

陸奥の国の信夫の里のしのぶ草のもじり染めの模様は乱れに乱れている。その模様がさながらに私の心は乱れ初めてしまったのは、あなた以外の誰のせいでもないのに。

詳細を見る

伊勢物語

昨夜は起きているでもなく、寝るのでもなく夜を明かして、今日も春のならいとして、しとしとと降る雨を春の愁いで仕方ないと思いながらぼんやりと眺めて物思いに一日をすごしてしまった。

詳細を見る

伊勢物語

もしあなたに私を思う心があるならば、葎(むぐら)の生い茂るあばらやででも共寝をしましょう。ちゃんとした夜具もなく、敷物には袖をしながらでも心をあたたかく。

詳細を見る

伊勢物語

月はちがう月なのか。春は過ぎた年の春ではないのか。私だけが昔のままであって、私以外のものはすっかり変わってしまったのだろうか。

詳細を見る

伊勢物語

こっそりと人に知られないように通う通路で見張りをしている番人は夜毎に寝てほしいものだ。

詳細を見る

伊勢物語

真珠かしら何ですかとあの人がたずねたとき、あれは露だよと答えて私は消えてしまえばよかったのに

詳細を見る

伊勢物語

日がたつにつれ、遠くはなれてゆく京が恋しい折に、寄せては返す波が帰ることはない自分にはうらやましく思える。

詳細を見る

伊勢物語

信濃の国になる浅間の山で、たちのぼる煙は風であちこちになびくが、その煙を遠くや近くの人は見とがめないのであろうか。そんなはずはないと思われるが。

詳細を見る

伊勢物語

唐風の着物は着続けていると柔らかく身に馴染んでしまう。その着物のように親しみあって離れがたい妻が都には住んでいて、都を離れて遠くまで来てしまった旅路の遠さをしみじみとやるせなく思う。

詳細を見る

伊勢物語

駿河の国にある宇津の山あたりでは現実でも夢でも人にあうことはなかった。

詳細を見る

伊勢物語

時節を知らない山は富士山だ。今をいつと思ってか子鹿の背の白い模様のようにまだらに白く雪を降り積もらせているのだろう。

詳細を見る

伊勢物語

都という名をほんとうにその身にもっているならば、都鳥よ、たずねよう。私が思いつづけている愛しい人は都で暮らしているのかいないのかと。

詳細を見る

伊勢物語

三芳野のたんぼに降りている雁も鳴子の引板をひくと片方へ鳴きながら逃げて寄っていきますが、そのように私の娘もあなたの方に心をよせている。

詳細を見る

伊勢物語

私の方に心をよせると言ってらっしゃるという、三芳野の里で私をたよりにしているお嬢さんを、いつの日にか忘れてましょうか。忘れることはありません。

詳細を見る

伊勢物語

遠く離れてしまっても、大空の月が消えてまためぐって来てもとの姿をみせるように、また会うまで私のことを忘れてくれるな。

詳細を見る

sponsored