古典和歌stream

起きもせず寝もせで夜をあかしては
春のものとてながめくらしつ

歌の意味
昨夜は起きているでもなく、寝るのでもなく夜を明かして、今日も春のならいとして、しとしとと降る雨を春の愁いで仕方ないと思いながらぼんやりと眺めて物思いに一日をすごしてしまった。
鑑賞
二 ながめくらしつ

都が奈良から京に移り、人家が定着していなかった時、平安京の西に女が住んでいた。
女は世間の人より美しく、さらに心がすぐれていた。女は一人で住んでいるわけではなかったが、男はいろいろと長い時間話し込んで帰ってきた。
時に三月一日雨がしとしと降っている折に男が詠んで贈った歌。

男が女に思いを寄せているのだろうが、逡巡している。
どのようなつもり「ながめ暮らし」て贈ったのか。相手に訴えるだけだったのか、相手の判読にまかせ期待をかけたのか。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌