古典和歌stream

伊勢物語

葦の生えている岸の辺りから満ちてくる潮のように、ますます私があなたによせる思いが募ってくる

詳細を見る

伊勢物語

深く入り込んで葦など生い茂って人目のつかない入り江のように、深くひそやかな私の思いを、あなたはどうして、舟を進めるための棹を水底にさすようにはっきりと知ることができるでしょうか。

詳細を見る

伊勢物語

口に出して言おうとすると言う事ができず、言わなければ胸の思いにさわがれ乱されて、自分の心の中だけで嘆くこの頃である。

詳細を見る

伊勢物語

玉を通す糸を多くの糸筋をあみあわせた弾力のある丸い組紐により上げて結んであるから、たとえ切れた後でも必ずまたあって結ばれるだろう。

詳細を見る

伊勢物語

谷がせまいので山の頂までのびている蔓草のように、いつまでもあなたとの関係を切ろうと思っていないことよ

詳細を見る

伊勢物語

私以外の男に下裳の紐を解いてはいけないよ。朝顔の花のように夕日を待たないでうつろってしまう女であるとしても

詳細を見る

伊勢物語

あなたと二人で互いに結んだ下紐をあなたに逢うまでは、けっして解くまいと思います。

詳細を見る

伊勢物語

あなたによって思い知った。この気持ちを世間の人は恋と言うのだろうか。

詳細を見る

伊勢物語

恋の経験がないから、世間の人にいったい何を恋というのかと問う私が。

詳細を見る

伊勢物語

皇女の柩が御殿を出ていってしまったなら皇女にとっては最後となるでしょう。ともし火を消して、はかなく短い御命であったと、みなが泣く声をきけ。

詳細を見る

伊勢物語

深い悲しみがこみあげてくる。若くして亡くなってしまった皇女を惜しんで泣いている皆の泣く声が、ともし火の消えた暗い中から聞こえる。皇女がほんとうにむなしく消えてしまうか私にはわからない。

詳細を見る

伊勢物語

女が自分から出ていったなら誰が別れ難く思うだろうか。無理に連れ去られてしまって、思うように逢えなかった今まで以上に今日は悲しい。

詳細を見る

伊勢物語

紫草の根の色が濃く美しい時は、見渡す限りの春野に萌え出た草木が緑一色で区別がつかず、みんな紫草のように思われる。

詳細を見る

伊勢物語

あなたの家を出て帰ってきた私の足跡さえもまだそのまま変わらずに残っているでしょうが、何しろ浮気っぽいあなたのことだから誰かの通い道に今はもうなっているのだろうか。

詳細を見る

伊勢物語

ほととぎすよ、おまえの鳴く里がたくさんあるので、心ひかれる鳥ではあるけれど親しいものと思えずいやな感じがする。

詳細を見る

伊勢物語

悪い評判ばかり立って、ほととぎすは今朝はまた今朝で、あちらこちらに自分の巣も定めないで渡り歩くといって嫌われ仲間はずれにされてしまったので、泣いています。

詳細を見る

sponsored