古典和歌stream

いにしへはありもやしけむ今ぞ知る
まだ見ぬ人を恋ふるものとは

歌の意味
昔はあったかもしれないが、私は今はじめて知った。まだ会ったこともない人を恋しく思うことがあることを
鑑賞
百十一 まだ見ぬ人を

 ある男がいた。身分の高い女のところで亡くなった人がいた。
 歌は男が人を弔うように詠んでおくった。

 女のところの侍女か親戚が亡くなったのだろう。それにかこつけて男は弔うふりをして、面識のない女に「あなたに恋をした」という歌を送っている。誠意のあるやり方とは思えない。

 歌は『新勅撰集』に読み人しらずとして収録されている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌