古典和歌stream

野とならば鶉となりて鳴きをらむ
かりにだにやは君は来ざらむ

歌の意味
荒れ果てた草深い野となるなら私は悲しい顔をして鶉(うずら)になって鳴いているでしょう。そうすればあなたは狩りにだけでも来てくださるでしょうか。
鑑賞
百二十三 年を経て

 ある男がいた。山城の国の深草の里(現在の京都市伏見区北部)に住む女のところに通っていたが、だんだん飽きてきてしまった。
 歌は男が詠んだ「年を経て住みこし里を出でていなばいとど深草野とやなりなむ」に対する返し。歌を聞いた男は感心して里を去ろうという気持ちは消えた。

 別れようという男に対して、女は男の気持ちを受け入れ自分はたまに来てくれるのを泣いて待っていると詠んで返した。女の優しさを感じた男も女を愛しいと思わずにいられなかったということだろう。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌