古典和歌stream

けふこずはあすは雪とぞふりなまし
消えずはありとも花と見ましや

歌の意味
今日こなければ、この桜は雪の降るように散り落ちてしまうでしょう。雪とは違い、たとえ消えずに残っていたとしても花と見るでしょうか。
鑑賞
十七 あだなりと

何年かの間たずねて来なかった人が、桜の花が満開の時に、花を見にやってきた。

歌は家の主が久しぶりにたずねて来た人に詠んだ
「あだなりと名にこそたてれ桜花年にまれなる人もまちけり」に返歌。
たまたま桜の花が咲いている時に訪れただけで、それで誠実とは言わないと、意味が込められている。桜はすぐに散ってしまうので誠実さがないと昔の人に言われていた。

家の主を男とした場合、軽口を言える気楽な仲と見れる。しかし、家の主を女とした場合は暗い心情が思わされる。
桜の花は女を表すか。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌