古典和歌stream

庵おほきしでのたおさは猶たのむ
わが住む里に声したえずは

歌の意味
あちらこちら多くの巣を持って飛び回り、死出の田長と呼ばれるほととぎすはあまり好きにはなれないが頼りにされよう。私の住む里で声を聞かせてくれるならば。
鑑賞
四十三 ほととぎす

賀陽の親王(かやのみこ)という皇子がいた。その皇子がある侍女に好意を抱きいろいろと用事をさせていた。しかし、ある男が侍女に好意を見せて振舞った。この男は自分だけが侍女と関係を持っていると思う暢気な男だった。
さらに別の三番目の男が侍女が色めかしく浮気な女と聞き、趣向を凝らしてほととぎすの絵を描いた手紙を送った。

歌は女が手紙の返しに詠んだ「名のみたつしでのたをさは今朝ぞなく庵あまたとうたまぬれば」に対する三番目の男の返歌。
女をほととぎす(死出の田長)に例えて歌のやり取りが行われている。
三番目の男は、いろいろな相手のいる浮気性の女性は好きにはなれないが、関係を持ってくれるのなら女の相手の一人になってやろうと、女の男心を引く歌に答えている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌