古典和歌stream

きのうこそさなへとりしかいつのまに
いなばそよぎて秋風の吹く

歌の意味
昨日、早苗を取って植えたばかりであるのに、いつの間に稲葉がそよいで秋風が吹くのであろうか。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 初秋の田園風景を詠んでいるとともに、季節の移り変わりの早さ、時の流れの速さを読んでいる。
 初二句の稲の苗を植えるとあるが、人間の営みを感じさせる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌