古典和歌stream

わがかどにいなおほせ鳥の鳴くなべに
今朝吹く風に雁は来にけり

歌の意味
我が家の門口にいなおおせ鳥が鳴くと同時に、今朝の風に乗って雁はやって来た。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 稲負鳥(いなおほせどり)は秋に来る渡り鳥と言われている。雁の到来を詠んでいる。
 稲負鳥は実体は不明で稲を負わせるので馬という説もあるが、鶺鴒(せきれい)と言われている。古今伝授では呼子鳥、百千鳥とともに三鳥とされている。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌