古典和歌stream

けふこずはあすは雪とぞふりなましき
えずはありとも花と見ましや

歌の意味
もし今日訪れることができなかったら、明日は雪となって散ってしまおうものを。もし消えないでいても、それは花と見ることができようか。
鑑賞
巻第一 春歌上

「あだなりとなにこそたてれ桜花年にまれなる人もまちけり」に対する返歌。

女性が、業平を待つ自分を桜の花にたとえたので、それを受けて桜の散りやすいことを下において、今日来れたからよかったものの、明日はどうなっていたか分からないと、皮肉の応酬である。
作者
在原業平朝臣
出典
古今和歌集

その他の歌