古典和歌stream

松の尾の峯静かなる曙に
あふぎて聞けば仏法僧啼く

歌の意味
松の尾神社の背後の松尾山が静まり空けてゆく朝、おごそかに峰を仰いで耳をすますと仏法僧三宝の声が聞こえる。
鑑賞
巻三 仏法僧
夢然と言う出家し旅を趣味にしている人が末っ子の作之冶を連れて高野山に行った。高野山の寺院で宿を借りようとしたが、寺院に関係のない人には宿を貸さない慣わしになっている。それならと弘法大師の霊廟に向かい夜通し読経することにした。そのまま朝を迎えた夢然が詠んだ歌。

松の尾でも三宝賛歌が聞かれるというイデオロギー的な意味で取り上げられるがイデオロギー的表現から出来るだけ自然そのものの描写と感動を突き出そうとしている。
作者
上田 秋成
出典
雨月物語
sponsored

その他の歌