古典和歌stream

ときはなる松のみどりも春くれば
今ひとしほの色まさりけり

歌の意味
一年中、変わらない松の色も春が来たので一段と緑が濃くなった。
鑑賞
巻第一 春歌上

寛平の御時后宮の歌合せに詠んで番われた歌。

松は常緑樹で一年を通して色が変わらないが、春が来るとすべての木々が緑を増してあざやかに見えるように、松も一段とあざやかさを増している。
春の到来は松の色さえもあざやかに見えると詠んだ歌。
作者
源むねゆきの朝臣
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌