古典和歌stream

わがせこが衣はるさめふるごとに
のべのみどりぞいろまさりける

歌の意味
春雨が降るごとに野辺の草木の緑が濃くなっていくことよ。
鑑賞
巻第一 春歌上

天皇が、「歌を奉れ」と仰せられた時に詠んで奉った歌。

「せこ」は女性が夫・兄弟を親しく呼ぶ時の言葉。
季節の変わり目は着るものの準備を行う。着物の洗い張りは女性の仕事であるので「わがせこが衣」と序詞をおいた。続く「はる」は張るに春がかかる。
女性の詠んだ歌のようであるが、紀貫之の歌。
作者
紀貫之
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌