古典和歌stream

わがやどの花見がてらにくる人は
ちりなむのちぞこひしかるべき

歌の意味
私の屋敷の花を見るついでに訪ねてくる人は、花が散ってしまったあとには来てくれないのでしょうか。さぞ恋しく思われる。
鑑賞
巻第一 春歌上

桜の花が咲いていたのを、見においでになった人に詠んで贈った歌。

花を見に立ち寄った人に、散ってからは来てくれないであろうから、きっと恋しく思うようになるだろうと、皮肉であろうか。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌