古典和歌stream

春霞たなびく山のさくら花
うつろはむとや色かはりゆく

歌の意味
春霞がたなびく山に咲いている桜の花は、色が次第に変わってゆくが散ってしまうのだろうか。
鑑賞
巻第二 春歌下

 遠くの山の桜の花が色あせて見えているので、そろそろ散り始めるのだろうかと、名残惜しい気持ちが詠まれている。
 詠んだ人はもっと多くの人に鑑賞してもらいたいと思ったのだろうか。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌