古典和歌stream

のこりなくちるぞめでたき桜花
ありて世の中はてのうければ

歌の意味
桜の花はきれいさっぱりと散るのが見事なのだ。世の中はいつまでもあると、その果てはいやなものになってしまうのだから。
鑑賞
巻第二 春歌下

 桜は花が散ることこそが長所であると詠んでいる。

 男女や人の関係も長く続いてしまうと、いずれは険悪なものになってしまうので、人の関係も桜のようであればという叶わぬ願望だろうか。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌