古典和歌stream

春の色のいたりいたらぬさとはあらじ
さけるさかざる花の見ゆらむ

歌の意味
春の気配が及んでいる里と、及んでない里というような差などないだろう。それなのに咲いている花や、まだ咲いていない花が見えるのは、どうしたことだろうか。
鑑賞
巻第二 春歌下

 春が到来して花の季節になって、花が咲き競う中で花の咲かないのは、春の来ない里があるのかと不思議に思う気持ちを詠んでいる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌