古典和歌stream

はなの木も今はほりうゑじ春たてば
うつろふ色に人なりひけり

歌の意味
花の咲く木をこれからは掘って植えることはしない。春になると花の色が移り変わってゆくが、その移り変わってゆく色に人が見習うのだから。
鑑賞
巻第二 春歌下

 寛平の御時に后の見やの歌合せに番(つが)った歌。

 美しく咲いている花も、たちまち色が変わって散ってゆく。それを見習ってか人の心も変わりやすくなると詠んでいる。
作者
素性法師
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌