古典和歌stream

花の色はかすみにこめて見せずとも
かをだにぬすめ春の山かぜ

歌の意味
美しい花の色は霞にとじこめて見せないとしても、せめて香りだけでも盗み出してくれ、春の山風よ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 春の歌として詠んだ。

 春の山に一面の霞が立ちこめて咲く花も見えない。春の山が惜しがって見せまいとしているのだから、せめて香りだけでもと頼んでいる。
作者
よしみねのむねさだ
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌