古典和歌stream

夏の夜のふすかとすれば郭公
なくひとこゑにあくるしののめ

歌の意味
夏の夜は眠りについたかと思うと、ほととぎすの鳴くひと声に日がのぼり始めることだ。
鑑賞
巻第三 夏歌

 寛平の御時の后宮で歌合に番(つが)われた歌。

 夏の夜の短さを夏の風物詩であるほととぎすの鳴き声で表現して詠まれている。
作者
紀貫之
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌