古典和歌stream

我ばかり物思う人は又もあらじと
思へば水の下にもありけり

歌の意味
私くらい物思いをする人はほかにいないだろうと思ったが、たらいの水面の下にもいた。
鑑賞
二十七 我ばかり

ある男が女のところに一晩泊まりに行って、二度と行かなくなってしまった。
歌は女が手を洗う所で、盥(たらい)の水面に映る自分を見て詠んだ。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌