古典和歌stream

桜ちる花の所は春ながら
雪ぞふりつつきえがてにする

歌の意味
桜の花が散っている所は、春なのに雪が降りながら、しかも消えづらいようである。
鑑賞
巻第二 春歌下

 雲林院で桜の花が散るのを見て詠んだ歌。

 桜の花がしきりに散るのを降る雪に見立てて詠んでいる。

 雲林院は京都の大徳寺の南にある。もとは淳和(じゅんわ)天皇の離宮であった。
作者
そうく法師
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌