古典和歌stream

こづたへばおのがはかぜにちる花を
たれにおほせてここらなくらむ

歌の意味
うぐいすが枝を移ると、自分の羽風で花が散るのを、誰のせいにして、あのように鳴くのであろうか。
鑑賞
巻第二 春歌下

 うぐいすが鳴くのを詠んだ歌。

 うぐいすが鳴くのは散る花を怨んでと見る趣向が多い。その花を自分で散らしている様子を哀れと思ったか、面白おかしく感じて詠んだのだろう。
作者
素性法師
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌