古典和歌stream

わがやどの池の藤波さきにけり
山郭公いつかきなかむ

歌の意味
わたしの屋敷の池のほとりにある藤の花が咲いた。山のほととぎすは、いつ来て鳴くであろうか。
鑑賞
巻第三 夏歌

 風に揺られる藤の花を波と見立てて美しい情景が詠まれているが、山にいる郭公(ほととぎす)を待つ心に重点がおかれた歌である。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌