古典和歌stream

ぬれつつぞしひてをりつる年の内に
春はいくかもあらじと思へば

歌の意味
雨に濡れながら無理に折り取った。一年のうちに春は幾日もないと思えばこそ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 三月の晦日、雨が降っていたのに藤の花を折り取って人に贈った歌。

 春雨の止むのを待ってから藤の花を折り取るのが普通だろうが、雨の中をあえて折り取ったのは春がもうすぐ終わり、花が散ってしまうからだと詠んでいる。
作者
在原業平朝臣
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌