古典和歌stream

いつのまにさ月きぬらむあしびきの
山郭公今ぞなくなる

歌の意味
いつのまに五月が来たのであろうか。山にいたほととぎすが今は、あのように鳴いている。
鑑賞
巻第三 夏歌

 待ちに待ったほととぎすの鳴き声を聞いたときの感動を詠んだのだろう。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌